清酒 木曽路 - 湯川酒造店 HOME 商品のご紹介 木曽路について 木曽路ができるまで 日本酒に合う料理 リンク

心の通う酒『木曽路』・日本酒豆知識

日本酒とお米の関係 お酒の酒類 1 お酒の酒類 2 日本酒の裏技、隠し技 1
日本酒の裏技、隠し技 2 お酒のタイプと飲用温度 酒林って?


お酒のタイプと飲用温度

日本酒は冷やして良し、燗して良し、又常温で良しと、どのような温度でもおいしく飲める、世界でも珍しいお酒です。また、タイプによってもそれぞれにふさわしい温度があります。

日本酒のタイプ 味わい
香の高い 華やかな果実や花の香り 軽快で爽やか 吟醸酒 生酒 本醸造酒
軽快でなめらかな 穏やかで控えめな香り さらりとした清涼感のある味わい 本醸造酒
純米酒
こくのある 落ち着いた重厚な香り 甘味、酸味、心地よい苦味ふくよかな味わい 純米酒
熟成 力強く複雑な香り とろりとした甘味とよく練れた酸が調和している 古酒

飲用温度の表現

一般的に吟醸酒などの香の高いタイプや原酒などのアルコール分の高いタイプのお酒は冷やして、本醸造酒などに見られる軽快でなめらかなタイプのお酒は冷酒から常温で、純米酒などに見られるこくのあるタイプののお酒は常温からぬる燗で飲んでいただくとおいしくいただけるようです。又、同じお酒でも飲用温度によってその味わいも微妙に変わります。季節に応じた飲み方やお好みの飲み方で、その味わいをお楽しみください。  

表現 飲用温度
冷酒 雪冷え(ゆきひえ) 5℃
花冷え(はなひえ) 10℃
涼冷え(すずひえ) 15℃
ひや酒  常温(じょうおん) 20℃
燗酒 日向燗(ひなたかん) 30℃
人肌燗(ひとはだかん) 35℃
ぬる燗(ぬるかん) 40℃
上燗(じょうかん) 45℃
熱燗(あつかん) 50℃
とびきり燗 55℃以上

◎「ひや酒」は常温の酒を意味し、「冷酒」は冷蔵庫で冷やしたものや、氷を入れた  ものを意味します。

  


 心の通う酒木曽路・木曽路玄関       心の通う酒心の通う酒木曽路・木曽路              
     心の通う酒木曽路・木曽路蔵直商店  こだわりのお酒がいっぱい

株式会社湯川酒造店  長野県木曽郡木祖村大字薮原1003-1
             Tel.0264-36-2030 Fax.0264-36-2711
                 Email:info@sake-kisoji.com     


清酒 木曽路 商品のご紹介 リンク集 日本酒と健康 木曽路について 木曽路ができるまで 日本酒に合う料理